高麗人参のサプリ大活躍|カラダのエネルギー源になる

スマイル

栄養価の秘密と多様化

生薬

栽培方法と栄養

高麗人参は別名、朝鮮人参、御種人参ともいわれています。多年草の薬用植物ですが、野生の人参の採取は困難で、栽培をするのもとても難しいとされています。薬効があるのは主に根の部分ですが、高麗人参の根に十分な栄養価を蓄えるためには最低でも3年から4年の年月を有します。また栽培期間は長ければ長いほどよいというわけではなく、7年以上経過してしまうと害虫や病気などへの抵抗力が弱まってしまい、価値がさがってしまいます。そのため、最近の高麗人参のサプリメントには、有効成分のサポニンの量が一番多く、さらに栄養価が一番バランスよく含まれている6年根を使用しているものが多くなっています。6年間丁寧に栽培して栄養価がピークにある高麗人参を使用したサプリメントは健康効果がよりいっそう高まるのです。

製品の多様化

最近では、高麗人参の健康食品として多種多様な製品が販売されています。サプリメントをはじめ、料理や飲み物に加えられる粉末、疲れた時に飲む栄養ドリンクや濃厚なエキスなどです。また、高麗人参を使用したお茶もあります。高麗人参を蒸して乾燥させたものにブドウ糖などの天然甘味料を加えて、ほどよい甘さで飲みやすくしたものなどが人気です。サプリメントは、高麗人参のみが主成分のものが主流でしたが、種類の異なる高麗人参を混ぜ合わせて使用しているサプリメントやすっぽんなどの他の健康食品と混ぜ合わせて使用しているサプリメントなども開発されています。漢方ブームとともにますます注目を集めている高麗人参の健康食品は今後も多様化していくでしょう。